塗料

絶対にお勧めできない、後悔一直線の外壁色選び三大ポイント

外壁塗装は大きな買い物。やっぱり後悔したくないものですよね。

とはいえ、発注時には「良い」と思っていたのに、いざ完成してみたら「悪い」へと逆転してしまうほどの大失敗というのも少なからず存在するもの。

そのような事例の中でも、特に後悔の念が強くなってしまうのはどんな失敗なのか、トップ3をご紹介します。

絶対にお勧めできない、後悔一直線の外壁色選び

最初に施主が塗装について考えるとき、やはりまずは「好み」から入るかもしれません。もちろん、それがいけないというわけではなりませんが、考えなければならない“ギャップ”ポイントがあります。

それは、①色単体のイメージと建物の色合いのギャップ、②塗装に期待している機能と実際に持っている性能のギャップ、③自分の好みと自分以外の人の好みとのギャップ。

例えば「ベージュがいいな」と思っても、ベージュにも色々あります。色の配色は、ペンキや色見本だけで全体像を把握するのは不可能ですし、コンピューターシミュレーションでイメージ通りの色を再現するのも不可能です。

また、視覚に収まるサイズの色と、住宅のような大面積に実現する色とでは、印象が全く違います。可愛らしいイチゴミルク色の缶と同じ色で住宅を塗ると、ものすごく派手なピンクになってしまう、という感じに。

奇抜な色選びは、後で「やっぱりもっと無難な色にしておけばよかった」というケースも見られます。

塗装の目的「家を保護すること」を忘れない!

外壁塗装で個性やオリジナリティーを演出することができるのは確かですが、原点に立って考え直す必要もあるかもしれません。

それは、「そもそもなぜ塗装をするのか」ということ。外壁塗装によって住宅を外気の汚れや水による腐敗から保護するという目的があることを忘れてはなりません。

すなわち、塗装をした後に「水垢などの汚れが目立つ」とか「要所要所で湿気による腐敗が目立つようになった」といったことになってはならないわけです。

完成直後は納得していても、後になって「こんなに汚れが目立つなら、もっと汚れが目立たない色を選んでおけばよかった」ということになりかねません。

多少、好みとは違った色でも、家の外壁が長持ちし、住宅メンテナンスコストを削減することにつながっているならば、結果的には満足、というパターンが実際には多いです。塗装前は「あんな色」「こんな色」と悩んでいても、塗って美しくなった家は、そこまでの迷いを吹き飛ばしてくれたりするもの。

機能・性能よりも好みを優先させるということは、それだけ維持コストがかかるという場合もあることを覚えておきましょう。

みんなが「いい色」と言ってくれるわけではありません

塗装屋としては「こんな色、やめたほうがいいのに」と思うことがあっても、お客様からの要望で断りにくい、ということもあるのですが…。

家というのは個人のものであるとしても、公共性の高い私有物であるという認識はとても大切です。住宅街に建っているわけですからね。

街の美しさを無視して自分の好みで色を選ぶということは、「何色が好きか」というよりも「人の目を気にしない」というメッセージを伝えるものになるかもしれません。

もちろん、自分のものですから自分で選んで良いのですが、参考にすると良いのは「こんな色で塗った家、他に買い手がつくだろうか」という見方です。「なんか奇抜」「色合いが安っぽい」という感想を抱かれるようなら、買い手が躊躇してしまうということです。

無難な色であれば売れる、というわけではありません。家全体をトータルで見た時に、その色が邪魔しないかどうか、ということです。

色選びでは、過去の施工事例写真が一番重要です。実際に完成した住宅の色をお手本にして、「これと同じ色で」というのが、最も再現性があります。また、住宅規模も似ているものから選ぶのが良いでしょう。

そういう意味でも、たくさんの施工事例を持つ塗装屋なら、色選びのストレスは少なく、スムーズな選択ができるかもしれませんね。

関連記事

  1. 塗料 〜 塗装業界唯一の進化フェクター?
  2. 「機能性塗料」を素人でも分かるように分類する
  3. 機能性塗料は安全性がしっかりしていないといけません
  4. 伸びる伸びる! 伸縮性抜群の高耐久塗料
  5. 驚くべき遮断熱効果、その構造を解き明かす!
  6. 防音性・遮音性を兼ねた遮断熱塗料の威力
  7. 暖房機を消しても部屋の温度が保たれる、断熱塗料の威力
  8. 機能性塗料にはどんなものがあるの?

業者選び

職人

業界

事例

工程

塗料

アクセス

  • 101現在の記事:
PAGE TOP