業者選び

新型コロナウイルス対策「塗装屋編」

全世界規模でパンデミック化してしまった新型コロナウイルス感染症(COVID-19)。主な感染経路は飛沫感染と接触感染とされ、原則として空気感染はないと言われています。

インフルエンザと同じく、マスクや手洗いなど基本的な対策で防げると発表されてはおりますが、お客様と接する機会を持つ塗装屋として、もっと踏み込んだ対策が必要であることに疑問の余地はありません。

感染予防

何よりも、感染しない・感染させないために対策を講じることは大切です。特に、施工現場でできる対策には…

  • スタッフのマスク着用
  • スタッフの手の消毒
  • スタッフの手袋着用
  • 現場スタッフや職人、施主のご家族が頻繁に触れる場所の消毒
    • インターホン(対面を避けて作業開始・完了の連絡を取り合うため)
    • ポスト(作業日報などを投函するため)
    • 玄関のドアノブ(出入りに使う可能性があるため)

打ち合わせについては、①ドアや窓を開閉して通気を良くし、②付着したウイルスからの感染を防ぐために打ち合わせを終えるごとにテーブルの拭き掃除および除菌を徹底、③可能な限りオンラインで打ち合わせを行うなどの対策を講じている事業者が増えています。

感染確認・早期発見対策

万が一にもスタッフが感染してしまっていないか、それによって施主に感染させてしまうといったことにならないか、そのような恐れがあるために、厚生労働省の発表内容等に基づいて、いくつかのケースに応じた対策方法を定めている塗装屋もあります。

  • 作業前の検温の徹底
    • 37.5度以上の熱があったスタッフには自宅待機および経過観察(毎日検温)を指示
      • 熱が4日以上続く場合は保健所に相談
  • 「強いだるさ」「呼吸困難」「味覚障害」「嗅覚障害」があるスタッフ
    • 我慢させず、自宅待機および経過観察(毎日検温)を指示。症状がはっきりしている場合は保健所に相談
  • 感染者との濃厚接触が確認されたスタッフ
    • 自宅待機および経過観察(毎日検温)を指示
  • 感染者との接触歴があるスタッフ
    • 毎日複数回の検温(朝・昼・夕など)
    • マスク着用の義務化
    • 他のスタッフとの接触を避けて作業
    • 2週間の経過観察の徹底(潜伏期間とされている期間)

作業の多くは屋外であるため、塗装事業者は休業要請対象とはなっておりませんが、これらの具体的な対策を行う業者が増えることが期待されています。

個々の活動自粛に対する意識

祝祭日にスタッフや職人が“3密”を避けずに外出・面会し、不必要な不安要素を抱かなせないためにも、一人ひとりの心掛けがとても重要です。

一方で、スタッフも職人も、施主のご家族や打ち合わせ時のお客様から感染しないかという不安を抱えており、この問題が、業者・利用者の相互にとって強い意識付けが大切で、全国共通の取り組みであることも覚えておく必要があります。

このような時にこそ、本当に施主やそのご家族のことを真剣に考えている塗装屋かどうかという、普段の意識の真価が問われるのかもしれませんね。

関連記事

  1. 壁があれば塗りたい。塗装職人の気質
  2. 塗装のポータルサイトは誰にとって有用?
  3. 「紹介」のコワさ
  4. 業者の良し悪しは資格の有無で判断できるの?
  5. 訪問販売による塗装リフォームで後悔する理由
  6. 信頼はどの瞬間に築かれるの?
  7. 素人にこそ知ってほしい、塗装業者を選ぶ前の3大ポイント
  8. 価格差が出たらオカシイ業種

アクセス

  • 107現在の記事:
PAGE TOP