業者選び

訪問販売による塗装リフォームで後悔する理由

塗装業者として仕事をしていると、親族や知人から尋ねられることが多々あります。

「時々、塗装の訪問業者が営業に来るけど、どうなの?」という…。

あなたの自宅にも、塗装業者の営業マンが来て、色々な話をして行ったかもしれません。

独立行政法人国民生活センターに寄せられた「訪問販売によるリフォーム工事」についての相談数は、2015年前後をピークにこの2〜3年はようやく減少傾向にあります。

それでも1年間に6千件以上の相談があり、塗装リフォームがその中に含まれています。同業者としてはとても残念な結果ではありますが、しかし、原因として共通するものも観察されます。

全ての訪問販売塗装リフォームが悪いというわけではありませんが、結果として「失敗した!」「後悔した!」というケースにはいくつかのポイントがあります。

比較検討をしなかったために後悔!

当たり前のことではありますが、訪問販売は「営業」です。営業であるということは、「自社の売りたいものを売る」というスタンスに立っています。

言い換えれば、顧客にとって何が良いか、というよりも、「どうすれば自社のサービスを顧客に受け入れてもらうか」ということ。

複数業者のサービス内容や商品、価格などを比較検討すれば、決して購入しないようなものでも、セールストークを鵜呑みにして即決してしまうということがあります。

もちろん、それでうまく行くケースもあるのですが、「もっと他の業者も調べておけばよかった」と後悔するお客さんがとても多い現実には驚かされます。

 

チラシの述べることはどれぐらい信用できるの?

近年は、過剰広告に対する法的な措置もしっかりして来たようで、チラシに騙されてトラブルに発展したというケースは減少している印象があります。

とはいえ、よく知人から尋ねられるのは、「チラシの内容はどれぐらい信用できるの?」という質問です。

これについても基本的な考え方を述べますが、チラシも「自社の商品を良く見せるための営業ツール」に他なりません。

チラシづくりにはいくつかのセオリーがあり、「わかりやすさ」「特徴が際立つ」「雰囲気と印象を演出」がしっかりと押さえられていれば、「それなりに信用できそうな好印象のチラシ」になります。

そしてこうしたチラシは、チラシ業者のコンサルティングによって「どんな塗装業者でもそれぞれオリジナルのものを作れる」という事実を反映しています。

 

訪問販売による塗装リフォーム業者選びは簡単ではありません。それなら、どのように業者を選べば良いのだろうかと悩むかもしれませんね。

でも、そのポイントとなることは昔も今も変わりません。「素人にこそ知ってほしい、塗装業者を選ぶ前の3大ポイント」という記事もご覧ください!

 

関連記事

  1. 複数業者の見積もりを取って何を見る?
  2. 価格差が出たらオカシイ業種
  3. 信頼はどの瞬間に築かれるの?
  4. 壁があれば塗りたい。塗装職人の気質
  5. 塗装屋には「新しい未来」が存在しないと言える3つの理由
  6. もうやめて! 塗装業者が価格競争のためにやってしまう4つの「手抜…
  7. 「一括見積りサイト」でも結局同じこと
  8. 新型コロナウイルス対策「塗装屋編」

アクセス

  • 556現在の記事:
PAGE TOP