未分類

たった一つ、これを大切にしている塗装屋を選んで欲しい

数多くの塗装屋がある中で、悪徳業者と良心的な業者を隔てる、塗装屋が持つ一つのポリシーというのがあります。

このポリシーがある塗装屋かどうかは、仕事を頼んでも良いかどうか、本当に良い仕事をしてくれるかどうか、後悔のない関係性を築けるかどうかに関わって来ます。

これが社風になっているか?

それはずばり、職人や社員を大切にする塗装屋さん。職人を大切にしているということは、結果として長期雇用へとつながり、お客さんから見ても本当の意味で「長いお付き合い」が可能になります。

逆に、職人や社員を「使い捨て」「その場限り」という方法で施工をしていると、作業方法も定着せず、トラブルがあっても対処せずに逃げ腰になるということになりやすいと言わざるを得ません。

では、職人や社員を大切にしているかどうか、基準となるポイントはどのようなところでしょうか?

研修や教育に力を入れている

優良な塗装業者に多いのは、社員や職員をしっかり教育させて、会社として有用な人材へと育てるべく、様々な研修や教育過程を受講させるなど、コストをかけてしっかりと未来への投資をしています。

教育を受けたことによるスキルアップとその恩恵に預かっていることへの感謝から来る会社への忠誠心などが、お客様に対して責任感のある仕事につながります。

コミュニケーションの質が高い

職人同士、社員同士のコミュニケーションがよく出来ていると、問題が生じた時には協力して対処し、また、仲間のミスを互いにカバーしようという支え合いの精神から、仕事がしやすい環境が生まれます。

「ミスしてしまってもどんどん報告してみんなに助けてもらおう」という職場であれば、作業時の職人の雰囲気も爽やかなものになっていることでしょう。逆に、「ミスしてはいけない」「自分の責任で何とかしろ」という社風になってしまうと、プレッシャーも高く、ミスの報告や対処が遅くなるケースも生まれてしまうでしょう。

施主として最も避けたいのは、ミスがあっても隠されてしまうような業者ではないでしょうか。

質の高い職人が集まる

こうした業者には、他社で仕事を失ってしまった職人も競うように再就職先として名乗りを上げるようになります。それだけに、質の良い職人さんを雇えるようになって行くというのも自然な流れ。

先に挙げた教育制度の成果もあって、一層信頼のおける技術者へと職人が成長していきます。内部の社員は育て、外部からは良い人材が集まるというわけです。

こうしたポリシーは、塗装業者に限らず、どんな職場においても共通のものかもしれません。しかし、ユーザーからすれば、リフォームなどの業種の場合、そのポリシーが実際の成果に直接的な影響を及ぼしやすい「塗装屋」について、意外にもそこにまで目を向けていないということがあります。

もし塗装をお考えでしたら、業者選びの際にその会社のポリシーや社風について出来る限り知るように努力なさってください。

アクセス

  • 69現在の記事:
PAGE TOP