事例

保温力が上がった! 暖房使用料を半分に抑制した塗料の実力

北海道のアパートにて、機能性塗料の一種である「キルコ」を塗装した部屋で使用された暖房メーターのガス使用量。

塗装していない部屋におけるガス使用量が44㎥だったのに対し、塗装した部屋ではなんと22㎥という数値に!

これはすなわち、暖房使用量を半分にしたことになります!

それが光熱費の観点でも、環境保護の観点でも、どれほど有意義かということを考えると、機能性塗料の実力は決して軽んじられるべきではないことが理解できます。

 

関連記事

  1. 新型コロナウィルス対策で注目される光触媒
  2. 消費者 vs 事業者。あなたはどちらに味方する?
  3. 空調使用電気量を20%以上も削減! 屋内テニスコートが快適に
  4. 表面温度、驚異の50度差! 機能性塗料の威力を垣間見る
  5. 塗装見積の実態〜第2部〜紙一枚vsガッツリ書類
  6. 近隣ハラハラ!? 施主の感想と差が生じる時
  7. 工場の内壁結露を抑える、断熱塗料の効果
  8. 塗装見積の実態〜第1部〜成金が使えるか調べたら3社見積もりに来た…

業者選び

職人

業界

事例

工程

塗料

アクセス

  • 2204現在の記事:
PAGE TOP