事例

保温力が上がった! 暖房使用料を半分に抑制した塗料の実力

北海道のアパートにて、機能性塗料の一種である「キルコ」を塗装した部屋で使用された暖房メーターのガス使用量。

塗装していない部屋におけるガス使用量が44㎥だったのに対し、塗装した部屋ではなんと22㎥という数値に!

これはすなわち、暖房使用量を半分にしたことになります!

それが光熱費の観点でも、環境保護の観点でも、どれほど有意義かということを考えると、機能性塗料の実力は決して軽んじられるべきではないことが理解できます。

 

関連記事

  1. 新型コロナウィルス対策で注目される光触媒
  2. 空調がない工場にて、機能性塗料を屋根に塗装して室内温度2℃低減!…
  3. 表面温度、驚異の50度差! 機能性塗料の威力を垣間見る
  4. 気になる公衆トイレの臭いが「塗装」で解消!?
  5. 省エネ率抜群! 住宅の電気代が1年を通じて20%以上も削減
  6. 塗装で温度が下がった倉庫内。光熱費削減で3〜4年で償却可能に!?…
  7. 匂いが落ちる! 汚れが落ちる! 光触媒塗料に期待
  8. 光触媒が帯電防止で汚れ防止の「なるほど」

アクセス

  • 1580現在の記事:
PAGE TOP