事例

外壁は夏に大掃除を!

年末が近づくと多くのご家庭で大掃除を始めますが、その中に「外壁掃除」を含めるケースが多々あるようです。

水洗いや高圧洗浄機を使った汚れ落としで外壁や網戸をきれいにするのはとても良いことですが、「わざわざ寒いこの時期にやらなくても…。実際のところどうなの?」と感じている方も。

そこで寒い冬の時期ではなく夏季に

年の一度の外壁掃除は夏にやろう!

外回りの掃除には水を使うことが多いのですが、一年に一度は汚れを落としたい外壁も、ホースで水をかけて表面の汚れやホコリを落としますから、夏場の方が苦にならないという利点があります。

汚れがひどい部分は柔らかいスポンジやブラシなどを使って、薄めた中性洗剤をつけて優しく拭くなどして汚れを落とすことができます。

その際、洗剤が残ると後々外壁を痛めてしまうことがあるので、しっかりと水で洗い流す必要があります。

夏ですと自然乾燥も早いですし、何よりも作業する人が辛くないので、夏場の外壁大掃除はオススメです。

高圧洗浄機なら広範囲を一気に掃除できて便利

最近は家庭用の高圧洗浄機が販売されており、男女を問わず手軽に扱える便利なものも市場に出回るようになっています。

価格帯も手頃で、豊富なアタッチメントで洗車にも使えるというところが人気です。

高圧洗浄で水飛沫(みずしぶき)が爽やかさや涼しさを感じさせてくれますから、寒い冬の時期に外壁を掃除するよりも、暑い夏にするほうをオススメします。

夏の大掃除、人気時の時期はお盆前

一年の大掃除を振り分けて夏にも作業を、と考えているご家庭は全体の8割にも上ると言われています。

中でもお盆前は日も長くじっくりお掃除できることもあり、水を使う冬の大掃除を削減できて良いという意見が増えています。

水が冷たいという理由で外壁の掃除ができないとお考えの方には、目から鱗の新習慣ですね。

外壁掃除は夏に楽しみましょう〜!

関連記事

  1. 匂いが落ちる! 汚れが落ちる! 光触媒塗料に期待
  2. なぜ特に目立たない弊社がお客様に選ばれるのかを3つにまとめてみた…
  3. 空調がない工場にて、機能性塗料を屋根に塗装して室内温度2℃低減!…
  4. 工場の内壁結露を抑える、断熱塗料の効果
  5. 「家計に優しい」を支える塗装屋の3つの創意工夫
  6. 新型コロナウィルス対策で注目される光触媒
  7. 保温力が上がった! 暖房使用料を半分に抑制した塗料の実力
  8. 光触媒が帯電防止で汚れ防止の「なるほど」

業者選び

職人

業界

事例

工程

塗料

アクセス

  • 18現在の記事:
PAGE TOP