暮らしが変わる

外観を生まれ変わらせて住む人のモチベーションを向上させること。

住宅塗装の目的の一つです。

それまでの見慣れた風合いが、気分一新フレッシュな装いに

物が新しくなると、「大切にしよう」「キレイに使おう」という気分になります。

また、「これを使って何をしようか」と、新しい思いで頭を巡らすようになります。

住宅も同じ。塗装で気分が変わることで、

  • 家を大切にしよう
  • そこに親族や友人を呼ぼう
  • 家族写真を撮ろう
  • お庭もキレイにしよう

といった、アクティブな思考が生まれます。

変わるのは見た目だけじゃない

塗装の選択を間違えると、塗料のニオイが気になってしまったり、それで健康を害してしまったりすることも。

逆に、機能性塗料のような近代材料を用いると、空気室を改善したり断熱性能で家の中の温度が変わって光熱費削減に貢献したりと、暮らしに直接良い影響が及びます。

屋内を塗装する時にも

塗装は外壁や屋根など、屋外から見えるものだけに施すとは限りません。

室内の壁や天井、窓枠、建具、階段など、建物の中で塗装することもあります。

この時、揮発性有害化合物が含まれていない天然素材を使用したり、空気中のニオイを分解する機能を持つ塗料(光触媒など)を用いたりすることでも、家の中での気分は大きく左右されます。

アクセス数

  • 160現在の記事:
PAGE TOP