塗料

機能性塗料は安全性がしっかりしていないといけません

塗料は建築用の仕上げ材料として、建物や構造物を自然環境から守り、美観を維持できる性能と品質を有していなければなりません。

そのため、JIS規格ではこうした性能や品質基準が定められております。例えば材料から放散されるホルムアルデヒド濃度は国が定めている基準値以下でなければなりません。

遮断熱効果に定評がある「キ・ル・コ(シンマテリアルワン社製)」は、こうした性能や品質基準を大幅にクリア。水性塗料として、塗料製品規格最高基準値を大幅に下まわっており、これは『F☆☆☆☆』と同等と言えます。

※「キ・ル・コ」は主に外装用に使用されるので、『F☆☆☆☆』は取得していません。

 

関連記事

  1. 驚くべき遮断熱効果、その構造を解き明かす!
  2. 「超親水性」を生かして勝とう
  3. 遮熱と断熱の違い。機能性塗料の特徴
  4. 遮断熱効果がある塗料で、倉庫内の温度が下がった!
  5. メーカー提示の性能数値は誇張表現か?
  6. 機能性塗料にはどんなものがあるの?
  7. 光触媒が帯電防止で汚れ防止の「なるほど」
  8. 気になる公衆トイレの臭いが「塗装」で解消!?

アクセス

  • 98現在の記事:
PAGE TOP