業者選び

「アテが無い」施主の業者選び

リフォームや塗装など、親類や知り合いに専門業者がいれば気軽に聞いたりお願いしたりできるものの、そのようなアテがまったく無いという場合にはどのように業者を選ぶのか、皆さん悩んでいらっしゃると思います。

そこで、どのような流れで塗装業者を決めるのか、一般的なパターンについて紹介いたします。

チラシや新聞広告

「そろそろ塗り替えを」と考えている施主は、ポスティングされるチラシや新聞に折り込まれているチラシを見て、検討を始めるケースが少なくありません。

ダイレクトに目に入ってきますし、自ら情報を探しにいく手間もないので、「とりあえずチラシを保管しておこう」という感じで、気軽な検討手段ですね。

しかしながら、やはりチラシや広告だけでは業者の良し悪しや相性まではわかりません。ですから、できるだけ「信用」をチラ見できる方法を求める方が少なくありません。

近所の現場で知る

時々、ご自宅の近所で塗装現場を見掛けることがあります。同じ町内の顔見知りの方の家が、ある日、足場と飛散防止ネットで囲まれてたというところを意外と目にしたり。

自宅付近ということですから、仕事ぶりや評判などを知るきっかけとして情報収集するにはもってこいですが、業者側としても、施工現場こそが次の顧客を生み出す営業窓口になるということも理解しています。

近隣へのご挨拶で業者が来た時など、名刺をくれたりしますので、調べてみても良いかもしれません。

知り合いからのクチコミ

塗装業者の情報がクチコミで広がるということは稀ですが、実際に施工したお知り合いの方から「あの業者、良かったよ」という評判を聞いて紹介してもらう、ということはあります。

知り合いの紹介ということで気軽に依頼してしまうケースも少なくありませんが、実際にはこの方法にはかなり失敗例もありますので、注意が必要です。

参考:「紹介」のコワさ

ホームページから探す

近年、一般的になってきている業者探しの手法の一つが、ネットで検索して良さそうな会社を探すというもの。

ポイントは、「現場から30〜40分以内に駆け付けられる場所」の塗装屋を探すことです。何かあったときには機敏に対応できるほうが良いですし、「顔が見える距離」とでも言いましょうか、信用がおける長期的なお付き合いを考えると、近いところにある業者のほうが安心感があります。

飛び込み営業

「見積もりをします」「キャンペーン中です」「無料調査をしています」「ご挨拶を」などの営業トークで、チラシを置く以上のアクションを求める飛び込み営業も存在します。

一概には言えませんが、個人的には、キャンペーン的な営業や安さを売りにしたアプローチは、あまりお勧めしていません。大切なのは、安定した良質の仕事振りだからです。

どんなきっかけから業者との接点が生まれるにしても、絶対に忘れてはならないのは、「長期的なお付き合い」「見積内容をしっかり把握」といった、取り組み姿勢です。

ぜひ良い業者に出会えることを願っています。

関連記事

  1. 訪問販売による塗装リフォームで後悔する理由
  2. 施主は意外と塗装の意義を理解していない?
  3. ポリシーを聞き出して見抜け
  4. 価格差が出たらオカシイ業種
  5. 塗装のポータルサイトは誰にとって有用?
  6. 信頼はどの瞬間に築かれるの?
  7. 業者の良し悪しは資格の有無で判断できるの?
  8. 新規のお客様の多くが業者を選ぶ特徴

アクセス

  • 149現在の記事:
PAGE TOP