業界

ホームページに頼らず伸びてる塗装屋の3つの特徴

近年は業者選びもスタートがインターネットという時代。数多くのポータルサイトも登場し、塗装屋の良し悪しを最初にネットで判断するという施主も増えています。

一方で、ホームページは「それなり」「ありきたり」であるにも関わらず、しっかりと業績を伸ばしている職人さんたちもいらっしゃるのです。

というわけで、数多くの塗装屋の傾向から見えてくる、ネットに頼らず集客できている事業者の「スゴイ」ポイントに焦点を当ててみます!

ホームページに頼らず伸びてる塗装屋の3つの特徴

中規模以上の塗装・リフォーム業社の多くは、ホームページやランディングページにかなり力を入れているところが増えてきました。

また、正社員3名程度の小さな塗装屋でも、ホームページにお金をかけてしっかりと営業しているところも多く見つけることができます。

しかし今回のテーマは、非ホームページ営業。何ももったいぶらずに率直に紹介すると、注目の3つの特徴とは即ち、①チラシがスゴイ、②地元密着の実績がスゴイ、③トークがスゴイ、です!

特に①の「チラシがスゴイ」塗装屋は、そのチラシ一枚にとても強いメッセージ性があり、塗装のエキスパートとして何を大切にしているか、施主が求めているのは何かについて徹底的に研究されたワードセレクト感に満ちています。

チラシ一枚で興味が沸いてしまうというのは、チラシデザイン会社の力もあるのかもしれませんが、塗装業者としてのポリシーやコンセプトがしっかりしているというところに魅力があるのかもしれませんね。

地元での存在感、地域での活躍が目立つ

地域の自治会やご近所付き合いの観点で「②地元密着感」を大切にしている塗装屋は、近隣住民と毎日顔を合わせて挨拶するところから職人の人柄やご近所付き合いを大切にする心構えが見え、割と気軽に「いくらぐらいでやってくれるの?」と尋ねやすい関係性が作り出されています。

それでもチラシを撒くという点でも努力を怠ることなく、伝えるべきものはしっかり伝えるという点で、人と人との繋がりを大切にしています。ちょっとしたお困り事であれば、割とすぐに対応したり、気になることがあればすぐに答えるなどの臨機応変さも示しています。

何よりもいつも笑顔で、塗装の仕事に関わりなく、地域の清掃活動や催事の時にきちんと顔を出して存在感を示すなど、コツコツ努力を重ねている様子がとても美しく目に映ります。

説明力と共感を呼ぶトークが魅力的

3つ目の基本的かつ最もインパクトのある特徴は、施主と話をする職人または営業マンの営業トークがとてもわかりやすく、施主の目線に立った説明と自社のポリシーを強烈に印象付けるスキルがあります。

もちろん、それらのトークに付随して使用される資料もしっかり準備されており、施主が抱くであろう疑問に対して答えを提供できるレベルの水準を満たしています。

そして営業マンは、どの資料に何が書かれているかをよく把握しており、どのような順序で論理的に説明していくか、施主が疑問に思うことに敏感に対応できるか、といった点でも熟達しています。

ここまででわかるように、ホームページに頼らずに業績を伸ばしている塗装屋は、営業と見積書の内容で差がついているということです。

相見積もりで一番安いわけでもなく、会社のブランドでもなく、一方でウェブサイトの過剰な広告イメージでもありません。施主の一対一で接する時に、どれだけ施主サイドの目線で対応しているか、ということなんです。

関連記事

  1. 塗装屋のホームページがよく使う「嘘」
  2. ユーザーのことを考えて過去の成果を切り捨てる3つの勇気
  3. コロナ禍で見えた、塗装屋の生き残り競争
  4. 塗装屋の営業力を向上させる3つの普遍的な要素
  5. 塗装屋が取得したい資格の種類
  6. 塗装業界、新型コロナ収束後の予測
  7. 2021年の塗装業界を大胆に読み解け!

業者選び

職人

業界

事例

工程

塗料

アクセス

  • 97現在の記事:
PAGE TOP