塗料

ラジカル塗料の特徴に脱帽する3つの理由

近年、住宅塗装において「ラジカル塗料」をお勧めされるお客様が増えているのではないでしょうか。

2015年に登場したこの塗料が、業界のそれまでの多種多様な機能性塗料にも況して用いられるようになったのには理由があります。

ラジカル塗料の特徴に脱帽する3つの理由

一般的に「機能性塗料」と聞くだけで、「普通の塗料と比較して高いんでしょ?」となるのですが、このラジカル塗料、実は塗料のベースになっているのははアクリル樹脂系塗料やシリコン樹脂系塗料など一般的なものと変わらず、コストパフォーマンスが非常に高いのです。

従来の塗料に特殊な成分を配合したもので、その結果として、劣化因子(ラジカル)の発生が抑えられ、塗膜の劣化を長期間にわたって防いでくれるという優れもの。

日本ペイントパーフェクトトップ

耐久性が高いのでひび割れや水漏れの発生も抑えることとができ、光沢があって汚れにくく、ツヤがあって色持ちも良し。外壁用の水性1液型ラジカル塗料なら塗料がよく伸び、飛散しにくいために作業性も高いのです。

あまりに色々なメリットが多いので、ざっくりまとめると、つまりラジカル塗料は…

  • 高性能で長持ち
  • 作業性が高い
  • それなのに安価

と、絶対にお勧めしたい塗料がついに登場した、ということなのです。

実際に使ってみてお客様も本当に喜んでいます

多くの塗装仲間に聞いてみても、このラジカル塗料の凄さに感銘を受けています。それまで他の機能性塗料を武器にしていた塗装業者ですら、「それよりもラジカル塗料」と言うほど、お勧めなのです。

登場からまだ5〜6年というわけですから、すでに何十年も実績のある汎用型シリコン塗料などと比べると「本当に15年以上持つの?」という不安を持つお客様もいるようですが、内容物と理論で考えるとすぐに納得してくれるパターンがほとんどだとか。

「安くてより長持ちしてくれるならそれに越したことはない」というわけですね。

当面の悩みは、これまで他の機能性塗料をお勧めしてきた過去のお客様が「うちもラジカル塗料にして欲しかった」と言ってこないかなぁということ。

いえいえ、もちろん他の機能性塗料も比較できない性能を持っていたりするので、それを施工したことには十分のメリットがあるのですが……。

当時、もしラジカル塗料が存在していたら、間違いなく違った結論に至っていただろうと思う今日この頃なのです。

関連記事

  1. 光触媒が帯電防止で汚れ防止の「なるほど」
  2. 驚くべき遮断熱効果、その構造を解き明かす!
  3. メーカー提示の性能数値は誇張表現か?
  4. 絶対にお勧めできない、後悔一直線の外壁色選び三大ポイント
  5. 遮熱と断熱の違い。機能性塗料の特徴
  6. 気になる公衆トイレの臭いが「塗装」で解消!?
  7. 防音性・遮音性を兼ねた遮断熱塗料の威力
  8. 「超親水性」を生かして勝とう

業者選び

職人

業界

事例

工程

塗料

アクセス

  • 161現在の記事:
PAGE TOP