塗料

遮熱と断熱の違い。機能性塗料の特徴

どちらもなんとなく「熱を妨げる」という印象がありますが、「遮熱」と「断熱」の違いをシンプルに説明するのって意外と難しいものです。

「遮」熱は、さえぎるという字のごとく、光(赤外線)を反射させるなどで遮って、太陽による日射をその先に吸収させないようにすること。

つまり、太陽光が当たる部分における熱の遮断ということになります。

対して、「断」熱は、熱が伝わらないようにすること、熱の移動を防ぐことです。冬など、外の温度が低く家の中の温度が高いと、そこに温度差が生じます。壁の内側から外側に向けて熱が移動することを防ぐためには、「断熱材」が必要ですね。

この場合は太陽があるかないかは関係ありません。

「遮熱」は赤外線などの太陽光を妨げ、「断熱」は温度差による熱移動を妨げる、ということになります。

塗装の場合、遮熱性能としては塗布した再表面の性質が関係しており、断熱性能としてはその素材が持つ質や構成素材、厚みなどが関係していると言えるでしょう。

 

関連記事

  1. メーカー提示の性能数値は誇張表現か?
  2. 驚くべき遮断熱効果、その構造を解き明かす!
  3. 遮断熱効果がある塗料で、倉庫内の温度が下がった!
  4. 機能性塗料にはどんなものがあるの?
  5. 機能性塗料は安全性がしっかりしていないといけません
  6. 暖房機を消しても部屋の温度が保たれる、断熱塗料の威力
  7. 気になる公衆トイレの臭いが「塗装」で解消!?
  8. 塗料 〜 塗装業界唯一の進化フェクター?

アクセス

  • 2081現在の記事:
PAGE TOP