塗料

防音性・遮音性を兼ねた遮断熱塗料の威力

生活の中で家の近くの工場や作業場、パチンコ店などから騒音が聞こえるという悩みを抱える方がいらっしゃいます。

人の耳の音の捉え方は一般的に10dB(デシベル)音圧が下がると「音が小さくなった」と感じることから、騒音レベルの目安は一般的に10dBごとに区切られています。

例えば、肉体的な苦痛を感じる限界とされるのは130dB、大声・犬の鳴き声・大声による独唱・騒々しい工場内などは90dBでどちらも「極めてうるさい」にカテゴライズされています。

工場や作業場ではこうした騒音が近所に迷惑とならないよう配慮が必要とされますが、限界があります。

こうした問題に面し、名古屋のとある大手パチンコチェーン店にて、2009年8月に機能性塗料「キルコ」を施工し、施工前と施工後で店内から屋根へ貫けている音を測定し、比較した測定実証が行われました。

施工前 vs 施工後

屋根の外側の同じ場所を、施工前と施工後で測定し比較した結果、施工前93.6dBだった騒音が81.3dBまで、約12dBも減少。

施工店 vs 未施工店

施工した店舗と未施工の他店を測定した結果、非施工店では84.7dB、施工店75.8dBと、約9dBも差が。

どちらも人が感知できるほどの騒音減少効果が認められました。

遮音性能の目的からも、機能性塗料の持つ実力に脱帽ですね。「塗る」という工事でこうした効果が得られる「キルコ」の人気の理由がこれで理解できます。

 

関連記事

  1. 遮熱と断熱の違い。機能性塗料の特徴
  2. 塗料 〜 塗装業界唯一の進化フェクター?
  3. 伸びる伸びる! 伸縮性抜群の高耐久塗料
  4. 驚くべき遮断熱効果、その構造を解き明かす!
  5. 機能性塗料は安全性がしっかりしていないといけません
  6. メーカー提示の性能数値は誇張表現か?
  7. 暖房機を消しても部屋の温度が保たれる、断熱塗料の威力
  8. 遮断熱効果がある塗料で、倉庫内の温度が下がった!

アクセス

  • 2354現在の記事:
PAGE TOP