事例

空調使用電気量を20%以上も削減! 屋内テニスコートが快適に

屋内のスポーツ施設は、温度対策にとてもコストがかかるようです。

宮崎県のとあるスポーツクラブにおいても、最上階にある室内テニスコートの室温が、12kWの空調機を3台運転しても35℃を超え、営業するには厳しいという状況でした。

2005年の8月に、遮断熱効果に定評がある「キルコシンマテリアルワン社)」を折板剛製の屋根に塗布。その面積は2,310㎡におよびました。

結果として、施工後は空調機2台運転時で30℃前後まで室温抑制を実現できたそうです。

温度効果の目標値はマイナス5℃ということでしたらかそれを達成するとともに、空調機1台分の電気料もコスト削減できたことになります。

この効果は大きいですね。単に光熱費の削減ができたということではなく、空調機をもってしても対策できなかった室温問題を解決できたという点で、注目です!

 

関連記事

  1. 光触媒が帯電防止で汚れ防止の「なるほど」
  2. 省エネ率抜群! 住宅の電気代が1年を通じて20%以上も削減
  3. 塗装で温度が下がった倉庫内。光熱費削減で3〜4年で償却可能に!?…
  4. 保温力が上がった! 暖房使用料を半分に抑制した塗料の実力
  5. 空調がない工場にて、機能性塗料を屋根に塗装して室内温度2℃低減!…
  6. 表面温度、驚異の50度差! 機能性塗料の威力を垣間見る
  7. 工場の内壁結露を抑える、断熱塗料の効果
  8. 気になる公衆トイレの臭いが「塗装」で解消!?

アクセス

  • 2187現在の記事:
PAGE TOP