事例

塗装屋を選ぶ側から、塗装屋に選ばれる側に

ネット上の情報を探してみると、塗装業者の選び方についてはたくさんのホームページやブログが見つかります。もちろん、「塗装の本質に忠実に。」というこのサイトもその一つです。今後もたくさんの意見や情報を発信してきたいと思います。

しかしながら、とても興味深い、別角度からの考え方が入ってきました。

それは、「賢い施主は、塗装屋側が値段を下げてくる」というもの。

施主としてはもちろん、良質の仕事をできるだけ安く実施してほしいという観点で塗装業者を探しています。その結果、「良さそうに見える業者」に謂わば「騙され」て、後で後悔することになってしますというのです。

ところが、賢い施主は、塗装業者を見極めようとするよりも、もっと別のことに力を注ぐというのです。

塗装屋を選ぶ側から、塗装屋に選ばれる側への意識改革

これから紹介する事例は、塗装に関しては素人である施主のお話です。

この方はリフォームや建築工事に関することをある程度勉強した後、「より良い塗装業者を選ぶために奮闘する」ことには、あまり意味がない、という結論に至りました。

なぜならば、少なくともネット上で見つかる「後悔しない塗装屋選びの秘訣」的な情報の多くが、基本的には同じようなことしか述べていないから。

「複数見積もりを取る」「実績を確認する」「資格の有無を確認する」などなど、おおよそどの塗装業者を選んでも共通するような項目が、多くのサイトが提供している情報だからです。

そこで、この施主は考えたそうです。「施主側が塗装屋を選ぶのではなく、『このお客さんは絶対に取りたい!』と塗装業者に求めてもらえるような施主になる方が、仕事の質やサービス内容、料金なども、期待できるようになるのでは?」と……。

それでこの施主は、業者に見積もりを依頼する前に、次のような準備をしたそうです。

塗装屋が求めている施主とは?

施主が良質の塗装業者に出会いたいと思っているように、実は塗装業者も良質の施主に巡り会いたいと考えていたりします。

では、塗装屋の言う「良質の施主」とはどんな人たちなのでしょうか?

そのポイントは3つ。「次につながるお客様」「実験的な要素になるお客様」「影響力のあるお客様」です。

「次につながる」というのは、例えば紹介できる親族や知り合いが営業エリア内にそれなりに多くいて、そこで良い仕事をした実績になれば横の繋がりで次の仕事につながるということが見えてくるということ。

一件の施工案件から、2件、3件、4件への見積もり依頼へとつながるなら、そのお客様をぜひ取りたいという理由から「いい仕事をしよう」「他社に取られないように有利な条件を出そう」となっていくというわけです。

実験的な場を提供していく

「実験的な要素になるお客様」とは、その家を塗装することにより、新しい工法や材料を試したり、そこから長期にかけて状態をモニタリングしたり、職人の教育と発展に寄与できる現場にしたりと、業者側が研究費・学習費を掛けなくてもこの現場でそれができてしまう、という環境を提供してくれるお客様のことです。

塗装屋というのは、なかなか現場以外で多くのことができないもの。だからこそ、その塗装屋の未来のために一肌ぬごうとしてくれる協力者の存在は心強いモノです。

つまり、広い意味で、施主がその塗装業者の応援者になる、というイメージですね。

ネット社会だからこその、インフルエンサーの存在

さらに、最近はブログやSNSなどの普及により、良い評判も悪い評判も簡単に出回ってしまう社会になったわけですが、そんな中でも、インフルエンサーとしてネット上で活躍している一般人も増えています。

施主がネット上で持つ発言力が、意外にも影響力があって、多くの方が色々と反応してくれることもあり得ます。

「家を塗り替えた」という情報をSNS等で流すだけでも友人・知人への認知活動に繋がったり、ブログで工事の経緯などを紹介することでその塗装屋の宣伝になったりと、個人が持つ影響力というのも図りし得ない時代となりました。

施主側が持つこうした3つの力、即ち「次に繋がる人脈」「協力的な現場環境」「ネット上の影響力」を、見積もり依頼の時点でうまく見せると、業者側の対応がものすごく変わってくるそうです。

実力のない塗装屋は「めんどくさい客だから請けたくない」となるかもしれませんが、逆に実力のある塗装屋は「この客は他に取られたくない」という意識が働くとともに、「この現場をしっかりやってうまく行けば次の仕事が生まれる」と考えて、値引きすらしてくれるかもしれません。

ネット上の情報発信力という点では、業者も大きく変わった一方で、施主側も大きな変革を遂げているということですね。

関連記事

  1. 光触媒が帯電防止で汚れ防止の「なるほど」
  2. 工場の内壁結露を抑える、断熱塗料の効果
  3. 塗装見積の実態〜第2部〜紙一枚vsガッツリ書類
  4. 保温力が上がった! 暖房使用料を半分に抑制した塗料の実力
  5. なぜ特に目立たない弊社がお客様に選ばれるのかを3つにまとめてみた…
  6. 匂いが落ちる! 汚れが落ちる! 光触媒塗料に期待
  7. 気になる公衆トイレの臭いが「塗装」で解消!?
  8. 表面温度、驚異の50度差! 機能性塗料の威力を垣間見る

業者選び

職人

業界

事例

工程

塗料

アクセス

  • 48現在の記事:
PAGE TOP