業界

塗装って本当に必要なの?

およそ10年サイクルで住宅の外壁塗装をするよう一般的に勧められていますが、とはいえ実際には「15年ぐらいでも全然大丈夫だろう」とか「うちは20年塗ってないけど特に支障はない」と言っている方とお話しすることも多々あります。

そんな中、塗装周期を守って自宅のメンテナンスにしっかり力を入れていこうとする施主もいらっしゃいます。

そのような施主にはどんな特徴があるのでしょうか?

塗装って本当に必要なの?

住宅塗装において施主の考えは、「塗りたいから塗る」というものではなく、「塗らねばならないから塗る」というパターンです。10年周期とはいえ、高額のサービスになりますから、誰でも慎重になりますし、できるならそのような大きな出費が不要な方が良いわけです。

それでも塗るお客様がいるのは、「塗ることは必要なので」という意識を持っているということ。すなわち、家を長く持たせたいと思っている人の方が、家のメンテナンスを真剣に捉えているということになります。

実際、家にとっては最表面のコーティングとも言える住宅塗装は、外気に触れるバリアのようなもの。ここがしっかり機能していることで、家の中まで守られるということに繋がりますから、「塗装は必要」という理解度が高い人ほど、真剣に取り組むものです。

塗装屋も自宅の塗装をしっかり考えている

医者も風邪を引くなんて冗談っぽく言われることがあります。もし塗装屋が自宅をきちんとメンテナンスしていないとすれば、それはそれで本末転倒な話。

しかし、周囲の塗装職人に聞いてみると、多くが「家を守るためにできるだけしっかり塗装をしておきたい」と考えていて、しかも定期的に塗装をしているというお話を伺うことができます。

塗装の大切さを訴えているのは、単に営業ではなく、本当に家を守ることに繋がるという認識の高さであると言えるでしょう。

建築家は自宅のメンテナンス上手

皆さんの周りに建築家と呼ばれる方はいらっしゃいますか? 住宅メーカーの営業マンとかよりも、設計士や住環境プロデューサーの方、一級建築士など、家づくりに直接的・技術的に関わる方の多くも、自宅のメンテナンスを非常に重要視されています。

日本の家は25年から35年の間に建て替え周期が来るとされていますが、建築家の中でも長寿住宅に関心を持つ方は、50年から100年使える家をという観点でメンテナンスを考えることも。

その結果、塗装の定期性についても決して軽く見ることはせず、「そろそろ塗り替えの時期」「高圧洗浄〜コーティング」など、仕様に応じて適切なメンテナンスを実施します。

必ずしも100%の塗装屋や建築家がそうであるとは断言しませんが、これが実際に肌で感じた「塗装周期を守ってしっかり家をメンテナンスする」代表的な職業の人々である、というのもあながち間違いではないかもしれません。

もし身近に建築関係者がいらっしゃいましたら、ぜひ尋ねてみてください。

関連記事

  1. 火災保険を使って家の塗装をタダにしてしまう方法
  2. 塗装業界、新型コロナ収束後の予測
  3. ユーザーのことを考えて過去の成果を切り捨てる3つの勇気
  4. ホームページに頼らず伸びてる塗装屋の3つの特徴
  5. 塗装屋の営業力を向上させる3つの普遍的な要素
  6. 塗装屋のホームページがよく使う「嘘」
  7. 2021年の塗装業界を大胆に読み解け!
  8. コロナ禍で見えた、塗装屋の生き残り競争

業者選び

職人

業界

事例

工程

塗料

アクセス

  • 89現在の記事:
PAGE TOP